スポンサーサイト

  • 2016.10.30 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


六本松越えのルートについて

六本松越えとは

長崎街道や日田街道を通行する諸大名や幕府役人は、途中、必ずといっていいほど太宰府天満宮へ参詣をしていました。その際、長崎街道から太宰府へ頻繁に使用された道があり「六本松越え」と呼ばれていました。長崎街道、日田街道、薩摩街道から天満宮へ行くには最短ルートであるため、かなり多くの大名が利用したことが記録に残っており、福岡藩主も山家宿からの参詣の時はよく利用していました。

 

六本松越えのルート

長崎街道を通行の大名が六本松越えをして宰府に行くには、まず長崎街道杉馬場を過ぎて、長崎街道方向ではなく、左に曲がり日田街道を通ります。そして、鞭掛という集落にあるかつて筑紫氏の出城であった柴田城の脇を通り、天山集落を過ぎて宝満川沿いを上流に向かいます。宝満川が丘陵に差し掛かかった場所に「六本松」というバス停があり、かつてはここに追分石があったそうですが、ゴルフ場造成のため現在は取り除かれて所在不明となっているそうです。ここから峠を越えて太宰府に向かいます。六本松越えとはこの峠越えの事をいい、高雄山の山頂付近を通って太宰府の延寿王院、もしくは溝尻口に到達します。当時、道はかなり細い山道であっただろうと推測されます。はっきりしないのは、鞭掛から川沿いを通って六本松に到達する道と、宝満川を渡って小鳥持から牛島集落を通って六本松に到達する道があり、どちらも太宰府参詣道と呼ばれているため、主にどちらを通行したのかは不明です。しかし、前者を通行した方が最短であるため、主にはこの道を通行したのでしょう。また、天保7年薩摩藩主松平渓山一行が通行する先触で、道筋の「仮橋御仕置」を命じており、日田街道の宝満川は「飛石」があるので必要なく、少し上流に仮橋を掛ける必要があったと考えられるので前者を通行したと思われます。

日田街道より天山のほうに向かう道。角に天満宮への石灯籠がある。

 
ここが六本松で、この道を進んで高雄山の峠越えしていたが現在は行き止まりとなっている。
太宰府側よりみた六本松越えの峠(高雄山)
 

現在の六本松越え

現在、長崎街道より六本松に至る道はほぼ残っていますが、肝心の六本松の峠声はゴルフ場になっているためほとんど残っていません。明治35年の地図と、現在の地図を重ね合わせてみると、道は太宰府市と筑紫野市との境界付近を通っていたことがわかり、また、現在筑紫女学園大学の横を通る急カーブする道(通称:泣き別れ)はかつての道の名残であり、九州国立博物館駐車場横の細い道(太郎左近口)を通ると天満宮境内・延寿王院に直接行くことができ、直進すると溝尻口となります。慶応二年七月には太郎近口に関門が設置されたため、溝尻口まで行かずに境内に入っていたことが分かります。


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 第49号
福岡地方史研究 第49号 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 47号
福岡地方史研究 47号 (JUGEMレビュー »)

唐津藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
福岡地方史研究〈45〉
福岡地方史研究〈45〉 (JUGEMレビュー »)
福岡地方史研究会
福岡藩旅籠屋屋号帳を所収しています。
recommend
福岡地方史研究〈46〉
福岡地方史研究〈46〉 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主のおもてなし作法を所収しています。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM