スポンサーサイト

  • 2016.10.30 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


矢野梅庵の馬稽古場

糸島市の曽根地区は、平原遺跡や銭瓶塚古墳、狐塚古墳など、弥生時代から古墳時代にかけての遺跡が多く残る丘陵地帯です。江戸時代は、一部福岡領、中津領の領境でもあり、松が生い茂り、人家はほとんど無い場所でした。
ところが、幕末も押し迫った安政四(1857)年、政情不安のため、西方の備えとして、福岡藩中老の矢野安太夫(3200石)が、福岡の屋敷よりこの曽根丘陵(当時は三雲原といった)に引越しすることになり、井原村に民家を2.3軒借り受けて仮の住居とし、堀や馬の稽古場、砲術の稽古場などを作って、秋には新築の屋敷も建ちはじめ、家臣らも次々と引越しをはじめました。ところが、元治元年、安太夫の父である六太夫が家老職を仰せ付けられたため、福岡へ戻りましたが、翌、慶応元(1865)年に家老職の退役を仰せ付けられたため、再度、三雲原の屋敷へ引越しと成りました。翌、慶応二(1866)年、今度は息子の安太夫が家老職を仰せ付けられ、三雲原の屋敷には、同じく中老の隅田氏が入居することになりました。

さて、この屋敷や馬術、砲術の稽古場がどこにあったのか?現在の曽根丘陵は開発により住宅地が建ち並んでおり、小字等で調べても、上記に関する記述は見つかりませんでした。ところが、地元で江戸時代の「馬繋ぎ場」と言い伝えられている場所を教えてもらうことができました。

竹が生い茂っている部分がそれ。
道路によって消滅している部分があり、当時の姿は不明ですが現在はコの字型をしています。江戸時代の馬場は、土塁によって四方を囲んでいたようなので、長方形だったのかもしれません。

全体的に、1m程の土塁によってつくられています。
さらに、付近の井原村には、加幡という姓の家も存在しています。加幡氏は、矢野氏の後に三雲原に居住することになった隅田氏の陪臣であると考えられます。

赤印の部分が馬繋ぎ跡
井原、三雲両村の中間に位置しています。

以下『見聞略記』(三角文書)
去年巳来より浪士共相集まり、諸国へ徘徊致し、ややもすれば、狼藉に及び、世の中穏かならず物騒なり。夫のみならず、近年の有様、若は世の変も相起り可申哉と危き程の時節に付、当国にても後年御用心の為、西の方押えのため、御中老知行三千二百石矢野安太夫様、怡土郡井原村と三雲村の間、三雲原といふ所に御屋舗被建、御出張に相成可筈にて、当春に至り、追々御引越にて家財諸道具御運び取に相成、井原村にて家二、三軒借受仮住居被致、井堀又は馬の稽古場・砲術の稽古場等専出来仕、同秋に至り、材木御刈り立にて、家宅の御普請取懸り相成り申候、然るに御隠居矢野六太夫様御呼出しの上、再役被仰付、八月末、武器並びに雑具等福岡表へ御運び越しに相成、矢野相模と改め、家老職被仰付候間威勢強く、御役儀御勤に相成申候、さて、御屋敷普請成就致し、御家来衆之宅等も追々御普請に相成申候、然るに、矢野相模殿、翌年丑(慶応元年1865年)六月廿九日、御呼出の上、家老職退役被仰付、甚不首尾に相成候間、七月初迄に武器並びに雑具等、福岡表より三雲原へ御運び取に相成申候、然るに其翌年寅(慶応二年1866年)の冬、矢野安太夫殿福岡の方へ御呼返しに相成、隅田殿と交代に相成り申し候

幕末の前原宿検‐倉藩士の墓

前原宿より西へ500m程の所に溝口製材所があります。そのすぐ隣に「小倉塚」という名のお地蔵様が祀ってあります。このお地蔵様には幕末の物語が秘められています。
 

文久三年
豊前小倉藩の旗奉行である大池金右衛門ら上下4人が唐津藩へ用談があって唐津街道を西へ向かっていました。その途中、前原宿にある千福屋という旅籠に宿泊しました。

一夜明け、なかなか起きてこない金右衛門を家来が起こしにいくと、部屋には主人金右衛門の姿が見えません。八方手を尽くして付近を捜索した結果、宿場から少し離れた松原の中で自害しているのが見つかりました。金右衛門は、白木綿の腹巻をし、喉を突っ切り、うつ伏せになって亡くなっていました。所持金の金子50両はしっかりと肌につけられていたそうです。
13日、駕籠にて小倉に引き取られました。(見聞略記より)

 
江戸時代の前原宿周辺図(前原宿の西側には松原が広がっていました)

さて、この話には長州藩と小倉藩の関係がありました。
関門海峡を挟んで隣同士の長州藩と小倉藩。しかし、長州藩は攘夷派、小倉藩は佐幕派で両藩には深い確執がありました。
攘夷期限当日の文久3年5月10日長州藩はアメリカ船を砲撃し、23日にはフランス軍艦キンシャン号を砲撃しました。しかし、二度目の砲撃の際にも小倉藩が応援せず、下関を守ってた長州兵は怒りました。
長州側は、萩藩士の太田市之進・同野村和作と長府藩士生駒時三郎を派遣して、小倉藩の大池金右衛門に詰問書を送り回答を求めます。これに対して小倉藩は、幕府からは無謀過激の行為を慎むようにとの命令があったとして、長州藩と対立を深めました。
その後、唐津へ使者として派遣された大池金右衛門は、おそらく使者としての役目が果たせないと考え、前原にて自害したと思われます。
詳しく知りたい方はこちら


幕末の前原宿

外国奉行野々山兼寛の通行
文久元年2月3日(1861)、ロシア帝国の軍艦ポサドニック号が対馬に来航し、無断で上陸して兵舎の建設、船体修理を名目に工場・練兵場などを建設を行い約半年の間滞留しました。「ロシア軍艦対馬占領事件」と呼ばれています。
その、ポサドニック号が退去した一ヵ月後の9月に、滞泊後の善後処置を行うため、外国奉行野々山兼寛らが対馬に渡航し、その帰りの12月28日に唐津街道を通って江戸へ向かっています。この時は、浜崎宿に宿泊し、深江宿で昼休みをとっており、前原宿では素通りか小休みしたと考えられます。
中津領では西藩境の大入に中津領代官の清水与惣兵衛が出迎え、東藩境の多久川に同じく代官の原田多仲太がお見送りしています。前原宿での記録は現在のところありません。

幕末の前原宿

幕末の前原宿に関係する小話をもうひとつ。
将軍家茂の侍医であった松本良順の話。

松本良順肖像 A.F.ボードイン撮影

安政四年(1857)25才の松本良順は、長崎伝習之御用を命じられ、長崎に赴きました。オランダ軍医のポンペに医学等の蘭学を学ぶためです。その帰りに通った道が唐津街道です。
文久二年(1861)7月1日に通行し、記録には「公儀御医師松本良順 長崎より御上り」と記されています。前原宿では休憩したのか素通りしたのか分かりませんが、当時、福岡藩の西端の宿場であった前原宿には関番所があり、関番という役人が通行手形(現在のパスポートのようなもの)を改めていたため、そこで松本良順は通行手形を見せ通行の許可を得たと思われます。
前原宿の西側約3kmの地点にある長野川沿いに「赤坂」という場所があります。ここにも前原宿と同じように中津領の関番所があり、旅人の通行手形を改めていました。
この松本良順が通った際に赤坂関番所に詰めていたのは中津領小松崎村に在住する郷足軽の川添成右衛門と外郡源六の二名でした。

前原宿の西端にあった関番役宅(萩尾定蔵宅)この筋向いに関番所がありました。
この写真は10数年前に撮影された比較的新しい写真をこれを使って古写真化しました。

その後の良順は、江戸の医学所頭取、将軍家茂の侍医、法眼となり、明治になると軍医頭、陸軍軍医総監となりました。新撰組とも交流があり、近藤勇、沖田総司、斎藤一などの傷病も診察したといいます。


幕末の前原宿

大河ドラマ「龍馬伝」にちなんで幕末の前原宿について書きます。
大神繁沖(通称壱岐)の話。
大神壱岐は、当時前原宿の宮本町に所在した「老松天神社」の神官である。
大神氏は、前原宿老松神社と師吉村日吉神社の両神社の神官で、師吉村で天保5年(1834)に生まれた。天璋院篤姫が天保6年生まれなのでその1年前である。

現在の老松神社

「旧前原宿の図」緑色の部分が老松神社と神官宅です。

神職を継いだ際に壱岐守を名乗り、文久三年(1863)の夏に京都に上り、「従五位下肥前守」の任じられた。
九月に福岡に帰り「攘夷を実行するには冗費を省いて武備に充て海防を強化すべし」と藩に建言したが、聞き入れられず、元治元年(1864)3月に脱藩し、長州へ向かった。
長州では、名前を三輪松之助と変え、忠勇隊伍長として活躍した。
その年の7月、世に言う「蛤御門の変」に長州藩兵として参戦したが、敗れて天王山に退き、久留米水天宮の神官真木和泉とともに割腹しようとしたが、和泉の依頼で、息子の真木菊次郎とその弟の真木外記を連れて長州へ帰った。
10月に福岡藩の堀六郎や斎田要七らと福岡に帰ったが、捕らえられて小呂島へ流刑となった。その後、小呂島から枡木屋の獄に移されたが慶応元年10月に斬首された。
蛤御門の変の後、長州には坂本龍馬とともに近江屋で殺害される中岡慎太郎がきており忠勇隊の隊長として活躍しています。中岡慎太郎との接触は少なからずあったと思われます。

蛤御門について書かれたかわら版

前原駅の南にある笹山公園にあった大神壱岐守の銅像。第二次大戦の際、金属回収によってなくなってしまいました。現在はもうありません。



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 第49号
福岡地方史研究 第49号 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 47号
福岡地方史研究 47号 (JUGEMレビュー »)

唐津藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
福岡地方史研究〈45〉
福岡地方史研究〈45〉 (JUGEMレビュー »)
福岡地方史研究会
福岡藩旅籠屋屋号帳を所収しています。
recommend
福岡地方史研究〈46〉
福岡地方史研究〈46〉 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主のおもてなし作法を所収しています。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM