<< 第二回 唐津街道ウォーキングがはじまります!! | main | だんだん古い建物が減ってきています。 >>

九州街道の基点

本州から九州へ上陸する際、その上陸地となるのが大里宿。そして、九州街道の基点となるのが小倉の常盤橋です。江戸時代、大里宿は、九州の諸大名が乗船して本州へ渡る際に風待ちするため久留米や薩摩・肥前の殿様が建てた本陣や、一般の人々が泊まるための旅籠が数多くあったそうですが、現在は静かな裏通りとなっています。

この海を渡って諸大名は本州へ渡りました。

大里宿にはこのような町並みが残っています。

小倉の常盤橋は、現在木の橋で復元されています。

この常盤橋から戸畑を経由して若松に渡るルートが唐津街道ですが、この橋から黒崎・木屋瀬へ向かい、木屋瀬宿西構口を出たところから分かれる道がもう一つの唐津街道の基点になります。

この道を通って唐津へ向かいます。

スポンサーサイト

  • 2018.06.14 Thursday
  • -
  • 16:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 第49号
福岡地方史研究 第49号 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 47号
福岡地方史研究 47号 (JUGEMレビュー »)

唐津藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
福岡地方史研究〈45〉
福岡地方史研究〈45〉 (JUGEMレビュー »)
福岡地方史研究会
福岡藩旅籠屋屋号帳を所収しています。
recommend
福岡地方史研究〈46〉
福岡地方史研究〈46〉 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主のおもてなし作法を所収しています。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM