<< 古材の森歴史講座のこと | main | 江戸参府紀行 >>

スポンサーサイト

  • 2020.01.04 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


前原宿庄屋埴生家について

 縁というのは不思議なもので、私が、このブログに書いていた「埴生喜平次」という人物がネット上で検索され、その子孫の方より電話をいただいたのは、昨年の今頃だった。先日、お預かりしていた文書を整理して返却することができ、今まで全く不明であった前原宿庄屋埴生氏についてだんだん分かってきた。今回は、前原宿庄屋を勤めた埴生氏について書いてみようと思う。

埴生文書によると、埴生家の祖先は、土生修理左京太夫源久(永享八年−明応九年1436-1500)といい、長男が早世したため、次男修理進基義に家督を相続させた。三男の與四郎兵衛源国は、筑前国怡土郷波多江村に怡土郷管掌として分家したが、「土生」と乗ると直統の証となるため遠慮して「埴生」と名乗ったのがその起こりであるという。

よって、この与四郎衛こそが、埴生家の初代と考えられる人物である。その子、埴生大和守與三郎(天正八年三月)は、豊後国大友家に属する小田部因幡守の家人となったと考えられ、大友宗麟より感状を賜り、子の埴生采女は義統よりの感状を受けているが、小田部家滅亡の後は、原田家の家臣となったようである。

その後、江戸時代初期の記録は無く、埴生家系図によると享保五年(1720)に、志摩郡小金丸村に在住していた溝口次郎七という人物が前原宿に出てきて茅野屋という酒造業を営んだと記されている。安永二年(1773)遊行上人が、前原宿に宿泊した記録があり、その際、宿泊所となったのは、御茶屋、茅野屋十蔵、庄屋喜八、組頭喜六、組頭伊兵衛、百姓権蔵、百姓初兵衛の七軒であった。茅野屋十蔵すなわち溝口(埴生)重蔵のことと考えられる。その他の宿泊所について御茶屋は、福岡藩主の別館であり、庄屋喜八は、後に町茶屋を経営することになる津田喜八、組頭喜六は、後に志摩郡の豪商となる綿屋の西原喜六のことである。
 その後、寛保(17411743)の頃に、溝口安兵衛は、姓を溝口から埴生に改め、この頃より前原村庄屋を受け持つようになったと思われる。おそらく埴生家が断絶し、溝口氏が埴生家の菩提も共に祭っていたと考えられる。前原宿では、それまで庄屋であった津田氏が庄屋を退き、一時、志摩郡吉田村の西孫七が入庄屋をしていたが、津田氏は町茶屋守を仰せ付けられ、庄屋には代わって埴生氏が任命されたようである。文化六年(1809)唐津藩主水野和泉守、文化八年(1811)の幕府寺社奉行脇坂中務大輔が前原宿に休泊した際、本陣亭主として埴生喜平次がその接待役として出ている。岡山県矢掛宿本陣の記録によると、唐津藩主が参勤の上下で前原宿を利用する際、その宿は御茶屋であったが、本陣亭主は埴生十蔵という人物であったと記録されている。また、文政十一年(1828)に桜井神社に仰古館という神庫ができた際の寄付名簿には、「前原宿 問屋喜平次」とあり、文政の頃は問屋(人馬継所)を経営していた可能性もある。天保十五(1844)年、前原宿の御茶屋がに焼失し、嘉永元年(1848)その再建に際し、隣接する庄屋重蔵抱え古畠の土地を借り上げ御茶屋内に御寝所を増設するに及び、嘉永三年酉十月、庄屋重蔵は、その褒美として「一代居郡御通駕の節御目通り出方」を仰せ付けられた。
さらに、前原・大浦両村の庄屋となり、辺田浦干拓や、飢饉の際の備えについて、郡奉行より褒美その他を受けている。この時の重蔵は、前原宿最後の関番である萩尾定蔵(可朔)と兄弟関係で、共に吉田村の西家より養子として各家に入り、兄惣五郎(文化六年生まれ)は埴生家に入って重蔵と称し、弟の幾太郎(文化十一年生まれ)は、関番萩尾家に入り、定吉を名乗った。維新後は、第九大区、八小区の副戸長や、前原・大浦村副戸長、前原・大浦・荻浦・新田・浦志村戸長などを勤めており、福岡市平尾市埼町に移住するまで旧前原宿に居住していた。




前原宿に居住の際の埴生家の位置は、現在の油比おもちゃ店の東隣です。

明治33年の旧前原宿(旅籠千副屋の隣が埴生家でした)


問屋場の筋向いに埴生家はありました。

スポンサーサイト

  • 2020.01.04 Saturday
  • -
  • 10:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 第49号
福岡地方史研究 第49号 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 47号
福岡地方史研究 47号 (JUGEMレビュー »)

唐津藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
福岡地方史研究〈45〉
福岡地方史研究〈45〉 (JUGEMレビュー »)
福岡地方史研究会
福岡藩旅籠屋屋号帳を所収しています。
recommend
福岡地方史研究〈46〉
福岡地方史研究〈46〉 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主のおもてなし作法を所収しています。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM