<< 日本橋 | main | 武士の家計簿ならぬ五卿の家計簿 >>

スポンサーサイト

  • 2020.01.04 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


江戸城 再登城!

念願叶って、再度、挑戦することができた江戸城への登城
この前行ったときは、金曜日だったので、江戸城は休園日
今回は、中まで入ることができました。
今回も出発点は、東京駅
この前は、養生シートがかかってましたが、
今回は、養生も取れて、その一部分が姿を現していました。

東京駅を取り囲む塀には、東京駅に関する解説が掲げられていました。

駅の敷地は、江戸時代大名屋敷だったんです。
それから、江戸城の正面口「大手門」に向かいました。

諸大名は、登城の際、この門から登城し、門前の広場には供侍たちが、藩主が戻ってくるまでずーっと待ち続けたそうです。今はその面影も無くただビルの林となっております。

お堀を渡って高麗門を潜ると渡櫓門、それを潜ると三の丸尚蔵館という皇室の名品を展示する資料館があるのですが、休館中でした(残念)

少し進むと、三の丸から二の丸へ渡る橋がかつて架かっていましたが今はありません。二の丸へ入るための三之門前に同心番所があり、大名の供侍を監視していました。ここからは、馬上の者も下馬して本丸へと向かいました。

大手三之門跡、ここから二の丸へと入ります。

切石の美しい中の門を潜ってさらに中雀門を潜ると、本丸に到着です。

かつては壮大な御殿が広がっていた本丸も、今は何も無く、大きな桜の木が満開でした。

もちろん、松の廊下跡も見ました。

大奥があった場所も芝生の原っぱです。

天守台跡、日本一の天守閣があった場所。切石が美しい

角を落として製材された石がきれいに積まれています。

そして、天守を後に平川門を出ました。ところが、この場所で愛機キャノンG11にレンズエラーの表示がでて、壊れてしまいました。まだまだ撮りたいところいっぱいあったのに・・・・福岡に帰ってカメラは入院させました。


スポンサーサイト

  • 2020.01.04 Saturday
  • -
  • 14:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 第49号
福岡地方史研究 第49号 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 47号
福岡地方史研究 47号 (JUGEMレビュー »)

唐津藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
福岡地方史研究〈45〉
福岡地方史研究〈45〉 (JUGEMレビュー »)
福岡地方史研究会
福岡藩旅籠屋屋号帳を所収しています。
recommend
福岡地方史研究〈46〉
福岡地方史研究〈46〉 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主のおもてなし作法を所収しています。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM