<< 江戸城 再登城! | main | 糸島芸農 >>

スポンサーサイト

  • 2018.06.14 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


武士の家計簿ならぬ五卿の家計簿

とても面白い資料を発見しました。
幕末の動乱期、京都を追われた三条実美以下七人の公家は長州に逃れ、その後、五人になって筑前の大宰府にある延寿王院へ下ってきます。彼らは、関門海峡を渡って黒埼湊に到着し、黒崎の町茶屋(桜屋東四郎)に3泊します。その後、木屋瀬宿を経て遠賀川を渡り、赤間宿で25日間足止されます。その際、赤間宿でかかった費用が事細かに記されているのが、武士の家計簿ならぬ五卿の家計簿です。

内容は、五卿が宿泊した御茶屋(福岡藩主の別邸)の掃除を4人でおこない、1日に銀3匁支払ったので、合計120匁支払ったとか、五卿に賄用の白魚とジャガタラに32匁支払っただとか、五卿が赤間を出て行くまでの金額が記されています。特に面白いのが、黒埼の桜屋東四郎に支払って「澤亀」という銘柄の酒を度々購入している事、福岡藩家老の加藤司書が訪れた際の鯛や肴、野菜に127匁2分支払われ、西郷吉之助が訪問した際には、料理代に137匁3分が支払われています。さらに、給仕子供袴十具仕立賃に50目支払っているので、給仕には子供が出ていたこともあったようです。訪問の際に出したお菓子には、金玉糖や羊羹など、お茶には正喜撰という前茶、漢方薬としてサフランや九味半夏湯を取り寄せたりもしています。
こうして赤間に滞在した費用の合計は、金38両1朱、銀45貫924匁にも及び、相当な費用であったことが分かりました。
家計簿を見ると、歴史書には書かれていない生き生きとした歴史が伝わってきますね!!


スポンサーサイト

  • 2018.06.14 Thursday
  • -
  • 16:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 第49号
福岡地方史研究 第49号 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 47号
福岡地方史研究 47号 (JUGEMレビュー »)

唐津藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
福岡地方史研究〈45〉
福岡地方史研究〈45〉 (JUGEMレビュー »)
福岡地方史研究会
福岡藩旅籠屋屋号帳を所収しています。
recommend
福岡地方史研究〈46〉
福岡地方史研究〈46〉 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主のおもてなし作法を所収しています。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM