<< 筑前国怡土郡 有田城跡 | main | 第6回 唐津街道サミットin畦町 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.30 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今宿の追分石が倒れる

福岡城下から唐津街道を西へ進むと、筑前国の西の郡である怡土志摩郡に入る。
雷山千如寺を開いた清賀上人が、油山で採れた椿油を誤ってこぼしてしまい、その油が長く垂れたので長垂という地名となった伝説を持つという長垂峠を越した最初の宿場町が、志摩郡今宿である。この宿場には、唐津街道と福岡藩主が毎年の参詣を欠かさなかったという櫻井大明神へ向かう道とを分ける分岐点があった。この分岐点には、追分石という、今で言うところの道路標識が現在も残っている。(赤点部分)

ところが、先日通りがかりに、この追分石が倒れているのを発見した。
を停めて、近寄ってよく見てみると、車のぶつかった跡があり、すぐ側の玄洋公民館に聞くと、先日事故があって石にぶつかり倒れたとの事。一応、修復の依頼はしている。との事であった。

実際、前原宿の西構口に現在でも残っている追分石は、トラックやバスが何度も倒し、何度も立て直された後、現在は道の反対側に立っている。その他にも、倒された石は、家の上がり框に転用されたり、どこかに移設して保存されたりしている。歩くことがほとんどであった昔に対し、車での通行がほとんどの現在では、追分石は単なる邪魔な存在だと思が、地域の歴史を伝える証人でもあるので、なるべく気にして運転してほしい。

スポンサーサイト

  • 2016.10.30 Sunday
  • -
  • 09:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 第49号
福岡地方史研究 第49号 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 47号
福岡地方史研究 47号 (JUGEMレビュー »)

唐津藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
福岡地方史研究〈45〉
福岡地方史研究〈45〉 (JUGEMレビュー »)
福岡地方史研究会
福岡藩旅籠屋屋号帳を所収しています。
recommend
福岡地方史研究〈46〉
福岡地方史研究〈46〉 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主のおもてなし作法を所収しています。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM