<< 正興製作所について | main | 姫島紀行1「古写真の場所を探して」 >>

篠原古城(つなぎの城)を探す

現在、私は実家のある有田の北隣にある篠原というところに住んでいる。
ここには「つなぎの城」という舞岳城(現在の笹山公園)に連なる城があり、それが糸島高校付近であると云われていたというのは知っていたが、最近になって古い測量図や村の配置などを見ていると「つなぎ城」は別の場所にあったのではないかと思い、改めて調べてみることにした。

波多江より舞岳城と篠原村を望む

篠原村は、怡土郡に属し近世は福岡藩領であったが、以前は多久村と共に志摩郡波多江村の内で天喜三(1055)年に独立し怡土郡に入れられたそうである。村は雷山より伸びる台地上にあり、村の北側に八幡宮と西側に旧本村であった西からなる。枝村に延命寺と新屋敷があり村の東側には雷山川が北流しその周辺には水田が広がっている。
そもそも、つなぎ城が糸島高校付近にあったというのはいつ頃から言われはじめたのであろうか?『筑前国続風土記』の古戦古城記には「篠原村の境内に、つなぎの城とて、波多江上総助鎮種か里城の址有り。前原の城につらなりたる故に、つなぎと名付しならん」と記され具体的な場所は記されていない。
『筑前国続風土記附録』には篠原古城について「つなきの城ともいう。今は松山となれども、絶頂平らかにして南北百五十間余あり、東西凡五十間、山の半腹に堀の跡あり、東西に廻れり」とある。さらに、『筑前国続風土記拾遺』では「篠原村の西低き山在。繋城と云。今松樹繁れり」と記され、これらを基に考えてみると、その位置は篠原村の西にある小高い丘であることが分かった。
しかし、昭和四年発行の『糸島郡誌』を見てみると「延命寺」の部分に「篠原枝村の西一町にあり、小高き松山なり。繋城とも云う。山上平らにして南北百五十間東西五十間、山の中腹に堀の址南北に廻れり。破瓦など出ることあり。又小さき古墳あり」とあやふやな記述がなされている。『糸島郡誌』は、附録や拾遺をもとに書かれているが、その記述には間違いが多く、以前井原村にあった黒田政冬の屋敷跡を調べたときも方位が間違っていた。この篠原古城の部分もそうで、郡誌の記述を鵜呑みにすると「篠原村の枝村である延命寺の西1町にかつての延命寺があってそこを繋城と呼ぶ」という間違った解釈になってしまう。したがって、篠原古城(繋城)が糸島高校部分にあったとされる説は『糸島郡誌』の記述をそのまま引用したため間違ったことになり、正しくは篠原村の西にある小高い丘に篠原古城があったというのが正しい。糸島高校付近がつなぎの城であるというのが通説になってしまった由縁は『糸島郡誌』にあったことが分かった。
ということであらためて篠原古城を探してみた。

明治時代の地形図に現在の主要な建物や戦国時代の城跡等を書き込んでみると、このような位置関係となる。篠原村の西に小高い丘があることが分かる。左端に舞岳城があり右端に波多江村、その間にあるのが篠原村である。つなぎの城とは、中継基地の役割を持つ城で、本城と支城での移動時の中継の役割を果たすため広い曲輪を持たせるのが特徴である。このつなぎ城は原田氏の本城である高祖城とその支城である舞岳城を繋ぐと云われていたが、この地図を見ていると後に波多江氏の居住する波多江村と舞岳城を繋ぐ城であったと考えられる。

戦後すぐの航空写真を見ても小高い丘が写っており赤で印をつけた部分が城跡であった。戦後、ここには桃が植えられ通称「桃山」と呼ばれていたが、昭和50年代に団地が造成され桃山団地となったため城の遺構はほとんど分からなくなっている。

この丘を南側にある池から望むとこのように見え、左端には本城の舞岳城も見える。

城跡の遺構が分からなくなっているとはいえ、旧本村であった西集落より篠原古城を望むと、現在でもこのように急に標高が高くなっており、かつて城があったことを伺わせる。「波多江旧記」には、天永二(1111)年に大蔵(美氣)種房がこの地を賜り、筑後国にあって篠原辺りを領していたが、正治二(1200)年にその子孫の種貞が篠原の西岳という場所に山荘を構えたという。そして後に波多江の姓を名乗ったという。この山荘を構えた場所が波多江氏の屋敷であり後年、篠原城または、つなぎの城と呼ばれた場所となる。つまり、篠原城は糸島における波多江氏発祥の地でもある。
今回、調べてみて思ったことは『糸島郡誌』は現在からすると古くて分厚い本なので書いてあることは全て正しいと思いがちであるが、つなぎの城の件にしても井原の黒田政冬の屋敷跡にしても孫引きにあたるため、その編纂の元になった原資料を当たらなくてはいけないという事を改めて考えさせられた。尤も『筑前国続風土記附録』や『筑前国続風土記拾遺』に関しても絶対的に信頼できる資料ではないと思うので、やはりその他の地形図や聞き取りなどを含めて多角的に見る必要があるとも感じた。




 

スポンサーサイト

  • 2018.10.20 Saturday
  • -
  • 19:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 第49号
福岡地方史研究 第49号 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 47号
福岡地方史研究 47号 (JUGEMレビュー »)

唐津藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
福岡地方史研究〈45〉
福岡地方史研究〈45〉 (JUGEMレビュー »)
福岡地方史研究会
福岡藩旅籠屋屋号帳を所収しています。
recommend
福岡地方史研究〈46〉
福岡地方史研究〈46〉 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主のおもてなし作法を所収しています。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM