<< 聴雨観雨の庭 | main | 前原夏祭り >>

名勝 箱島

糸島市の二丈浜窪と加布里の境に「箱嶋」という小さな島がある。加布里湾に突き出したこの島は、昔から糸島の風光明媚な景勝地として有名であった。江戸時代には、博多聖福寺の住職仙涯和尚も度々訪れ「幾千代か浦島の子の玉手箱隠してここに沖津しら波」という歌を詠み絵にも残している。大正五年、加布里港の南側の丘を開削し、姫越公園と名付けて此の里亭や太田屋といった茶屋を設け、箱島にも「料亭箱島」という数寄屋造りの料亭が立ち並び、筑紫富士と謳われた可也山を水上より望む名所として大正から昭和初期にかけて、この一帯は遊客には広く知られた遊興地であった。

炭鉱王として名高い伊藤傳右衛門も妻の柳原白蓮と共に訪れたと云われ、白蓮は伊藤家から出奔した大正10(1921)年に、傳右衛門への離縁状を朝日新聞に掲載したが、傳右衛門はそれに対しての反駁文を大坂毎日新聞に掲載した。その中に「早良郡の箱島に遊びに行ったとき、その箱島が気に入ったからあの島を買ってくれと頼まれた時には全く二の句が告げなかった」とある。しかし、その箱島の茶屋も昭和18年頃に襲った台風によって倒壊してしまい、現在、当時の建物等は残っていない。「北に筑紫富士を望み四周の連峰静かに影を投じ、一大湖水の観があって風光明媚。殊に夏月の納涼に至りては興味言外に在り」とも云われた箱島は、現在観光ブームの糸島にありながら、その影を潜めている。

島の中にはこのようにいくつもの建物が建っていた。

西南側から見た写真

島の中にあった料亭千鳥亭はかつてはこのようににぎやかだった。

此の里より眺めた箱島

明治期の箱島。未だ建物が建っていない。

加布里の此の里海岸には大きな石が今でも残っている。
その石の横には浮世亭という茶屋があった。
左側に写っている石は現在も残っている。

ということで、現地を見に行ってきました。橋を渡ると正面に箱島神社の鳥居があります。

箱島様といって耳に効くみたいです。

箱島より可也山を望む。なだらかな曲線が美しい

島より突き出す防波堤は西方沖地震で崩れたみたいです。ここでは以前鯛の養殖をしていたことが古い絵葉書で分かりました。

鳥居を潜ると石段があり神社へ向かう

小さな社殿が島の山頂に建っていて、濱窪集落の方が祀ってあるそうです。
この記事は西日本文化協会発行の「西日本文化」に書いてます。
 

スポンサーサイト

  • 2018.12.07 Friday
  • -
  • 12:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 第49号
福岡地方史研究 第49号 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
福岡地方史研究 47号
福岡地方史研究 47号 (JUGEMレビュー »)

唐津藩主の前原宿泊を所収しています
recommend
福岡地方史研究〈45〉
福岡地方史研究〈45〉 (JUGEMレビュー »)
福岡地方史研究会
福岡藩旅籠屋屋号帳を所収しています。
recommend
福岡地方史研究〈46〉
福岡地方史研究〈46〉 (JUGEMレビュー »)

福岡藩主のおもてなし作法を所収しています。
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM